哀れを止める(読み)アワレヲトドメル

デジタル大辞泉の解説

哀(あわ)れを止(とど)・める

悲しみや同情を一身に集める。「ここに哀れを止めしは」の形で説教節などに常套(じょうとう)として用いられた。「―・めたのは帰らぬ飼い主を待つ犬の姿だった」
深い感動がいつまでも残る。
「秋の夜の深さ―・めけりよしのの月の明け方の空」〈新後撰・秋下〉
[補説]この句の場合、「止める」を「とめる」とは読まない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あわれをとどめる【哀れを止める】

悲惨や同情を一身に集める。 「 - ・めたのは、一人残された幼子の姿だった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android