コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同情 ドウジョウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐じょう〔‐ジヤウ〕【同情】

[名](スル)他人の身の上になって、その感情をともにすること。特に他人の不幸や苦悩を、自分のことのように思いやっていたわること。「同情を寄せる」「同情を引く」「被害者に同情する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうじょう【同情】

( 名 ) スル
他人の苦しみ・悲しみ・不幸などを同じように感じ、思いやり・いたわりの心をもつこと。かわいそうに思うこと。 「 -を禁じ得ない」 「心から-します」 「 -をよせる」 「 -心」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

同情の関連キーワード哀れみ・憐れみ・愍れみ・憫れみsister boy未練未酌がない可哀相・可哀想同病相憐れむ無げのあわれ好い面の皮禁じ得ない涙をふるう一人八百長シンパシー涙を振るう同病相憐む憐憫・憐愍多情多恨涙を誘う情状酌量未練未酌嬰児殺し袂に縋る

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同情の関連情報