同情(読み)どうじょう

精選版 日本国語大辞典「同情」の解説

どう‐じょう ‥ジャウ【同情】

〘名〙
① 思いや心を同じくすること。また、その思いやその人。
※田氏家集(892頃)中・残春宴集「同情乍会頻回首。一座相看共解頤」
※ゆく雲(1895)〈樋口一葉〉上「気の毒に思ひしは我れも他人の手にて育ちし同情(ドウジョウ)を持てばなり」 〔漢書‐呉王濞伝〕
② 人間が持っている共通の感情。
※古学先生文集(17C後頃)一・送浮屠道香師序「夫愛於己而悪於己人之同情也」
③ (━する) 他人の気持や境遇、特に悲哀や不幸を、その身になって思いやること。かわいそうに思って慰めること。おもいやり。
※哲学字彙(1881)「Sympathy 同情」
※土(1910)〈長塚節〉一〇「内儀さんは同情していった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「同情」の解説

どう‐じょう〔‐ジヤウ〕【同情】

[名](スル)他人の身の上になって、その感情をともにすること。特に他人の不幸や苦悩を、自分のことのように思いやっていたわること。「同情を寄せる」「同情を引く」「被害者に同情する」
[類語]あわれみ思いやり愛情愛着情けじょう情合い情愛情味人情人情味温情恩情厚情いつくしみ慈愛仁愛仁恵仁慈仁心じん慈悲哀憐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「同情」の解説

【同情】どうじよう

思いやり。

字通「同」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android