新後撰和歌集(読み)シンゴセンワカシュウ

大辞林 第三版の解説

しんごせんわかしゅう【新後撰和歌集】

第一三番目の勅撰和歌集。二〇巻。後宇多上皇下命、二条為世撰。1303年成立。約一六〇〇首。初めて撰者の他に連署が置かれ撰集に参与した。政治的には大覚寺統の歌を多く採り、歌道の上からは京極・冷泉れいぜい派の歌人を排している。新後撰集。新後撰。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんごせんわかしゅう シンゴセンワカシフ【新後撰和歌集】

鎌倉時代にできた、一三番目の勅撰集。正安三年(一三〇一)後宇多院の院宣により二条為世が撰し、嘉元元年(一三〇三)成立した。二〇巻。歌数は一六〇七首。代表歌人は藤原定家、為家、西園寺実兼、二条為氏、亀山院など。住吉の神官津守家の歌が多くはいっていたので「津守集」の異名をつけられたという。新後撰集。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android