新後撰和歌集(読み)しんごせんわかしゅう

精選版 日本国語大辞典「新後撰和歌集」の解説

しんごせんわかしゅう シンゴセンワカシフ【新後撰和歌集】

鎌倉時代にできた、一三番目の勅撰集。正安三年(一三〇一)後宇多院の院宣により二条為世が撰し、嘉元元年(一三〇三成立した。二〇巻。数は一六〇七首。代表歌人は藤原定家、為家、西園寺実兼、二条為氏、亀山院など。住吉の神官津守家の歌が多くはいっていたので「津守集」の異名をつけられたという。新後撰集

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android