コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新後撰和歌集 シンゴセンワカシュウ

大辞林 第三版の解説

しんごせんわかしゅう【新後撰和歌集】

第一三番目の勅撰和歌集。二〇巻。後宇多上皇下命、二条為世撰。1303年成立。約一六〇〇首。初めて撰者の他に連署が置かれ撰集に参与した。政治的には大覚寺統の歌を多く採り、歌道の上からは京極・冷泉れいぜい派の歌人を排している。新後撰集。新後撰。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新後撰和歌集の関連キーワード続千載和歌集二十一代集道順(1)花山院師信慈道法親王道性(3)小倉実教二条為藤二条道平万秋門院島津忠宗鷹司冬平二条為道九条師教鎌倉時代二条為世長井宗秀藤原宣子赤橋久時藤原為相

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android