コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一身 イッシン

デジタル大辞泉の解説

いっ‐しん【一身】

一人のからだ。一人の人。
自分一人。おのれ自身。「衆望を一身に集める」「責任を一身に負う」
全身。自分の命。「一身を賭(と)して事に当たる」

ひと‐み【一身】

からだ全。全身。
「虻(あぶ)…など出でて、目鼻ともいはず、―にとりつきて刺せども」〈宇治拾遺・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしん【一身】

一人の体。また、自分の体。自分自身。 「 -を顧みず国家に尽くす」 「厄介な問題を-に引き受ける」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一身の関連キーワード三世一身法(さんぜいっしんほう)身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ王臣蹇蹇躬の故にあらず勧修寺宮済深法親王哀れを止めるフィダーイー一分を捨つ身を挺する身を投じる骸骨を乞う一分が立つ青蓮院尊胤一身専属権ゆぶゆぶ荊を負う体を張る社稷の臣三重苦断決徒士

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一身の関連情報