コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品胎 ヒンタイ

デジタル大辞泉の解説

ひん‐たい【品胎】

《「品」の字が三つの部分よりなるところから》一度に三児を妊娠すること。また、一度に三児が生まれること。三胎。三つ子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひんたい【品胎】

〔口三つで「品」の字になることから〕
胎内に同時に三つの胎児を有する状態。三つ子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の品胎の言及

【出産】より

…平均妊娠期間は,ヒトでは平均280日であるが,動物では表1のとおりである。
[胎児の数による分け方]
 胎児の数により,胎児1人を分娩するのを単胎分娩,胎児が複数のときを多胎分娩(3人を3胎または品胎,4人を4胎または要胎,5人を5胎など)といい,9胎分娩までの報告がある。多胎分娩の頻度としてはヘリンの式があり,n胎は単胎分娩80n-1に対して1回みられる。…

※「品胎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

品胎の関連キーワード多胎妊娠のおこる頻度排卵誘発剤の知識多胎妊娠出産胎児胎内

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android