三つ子/三つ児(読み)ミツゴ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐ご【三つ子/三つ児】

1回の出産で生まれた三人の子供。
3歳の子。転じて、幼い子。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三つ子
みつご

一度の出産で3人生まれた子、または一腹に同時に妊娠した三児のことをいい、三生児品胎(ひんたい)などともいう。一般に、一卵性の双生児ともう一つの別の卵によるか、3個体ともそれぞれ別々の卵に由来することが多く、一卵性の三生児はまれである。なお、五つ子の出産時に一卵性の双生児と一卵性の三生児が生まれたことがある。通常、三つ子以上の多生児の場合は出産予定日まで妊娠が持続することはなく、未熟児として早産するために生後育ちにくい。したがって、設備の整った病院で分娩(ぶんべん)する必要がある。
 なお、「三つ子」は「三つ子の魂百まで」などといって3歳児の意味にも使われている。[新井正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android