コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唄方 ウタカタ

大辞林 第三版の解説

うたかた【唄方】

長唄など、歌唱と楽器伴奏が分業になっている歌物の三味線音楽で、歌唱を専門とする人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の唄方の言及

【下座音楽】より

… 下座音楽は,大まかに,唄,合方(上方では〈相方〉),鳴物の三つの曲種に大別される。唄は囃子方の長唄連中の唄方,合方は同じく三味線方,鳴物は同じく鳴物の社中(狭義の囃子方)の職分である。また,下座音楽の演出プランを立てることを〈附け〉といい,これを担当するのはベテランの囃子方で,これを〈附師〉という。…

【地方】より

…舞を舞う人たちを,立方(たちかた)と呼ぶのに対することば。本来は唄い手,語り手(長唄の唄方,義太夫節・常磐津節・清元節・新内節など浄瑠璃の太夫)と三味線奏者(三味線方)だけであったが,現在では唄い手・語り手と三味線方と囃子方の三つをいう。唄と浄瑠璃がそれぞれ独立している場合と,それらの二つ以上が合併して行う掛合(長唄と常磐津のように)の場合とがある。…

※「唄方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唄方の関連キーワード杵屋 六左衛門(14代目)杵屋 六左衛門(12代目)富士田 音蔵(6代目)和歌山 富十郎(初代)芳村 五郎治(2代目)富士田 音蔵(5代目)富士田 音蔵(4代目)吉住 小三郎(4代目)芳村 伊十郎(7代目)芳村 伊十郎(6代目)杵屋 勝五郎(6代目)富士田 吉次(2代目)杵屋 勝五郎(5代目)芳村孝次郎(3代目)松永 和風(4代目)岡安 南浦(3代目)富士田新蔵(4代)松永鉄五郎(3代)富士田吉治(3代)松永鉄五郎(2代)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唄方の関連情報