コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌い物/唄い物/謡物 ウタイモノ

世界大百科事典 第2版の解説

うたいもの【歌い物】

語り物と並ぶ日本の伝統的な声楽に関する用語で,章詞を曲節本位で表現するものをいう。平安時代の神楽歌,催馬楽(さいばら),朗詠,東遊(あずまあそび),倭舞(やまとまい)などが古く,平安末期にはより歌謡的な今様が流行した。室町時代には《閑吟集》の小歌隆達の小歌のような歌い物が発達した。江戸時代には三味線声曲となり,長唄,地歌,荻江節(おぎえぶし),端唄(はうた),うた沢,小唄などが生まれた。琴(きん)や箏によるものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の歌い物/唄い物/謡物の言及

【歌謡】より

…今日では,歌詞と音楽という二分法が一般的であるが,時代や文化によっては,この両者が未分化のままで,歌謡が生みだされることも多いため,文学研究では,この語を拡大して使うこともある。また,日本音楽についての〈歌い物〉と〈語り物〉という現行の二分法からみれば,歌謡は歌い物と重なる面が広いが,定義によっては,語り物の中に多くの歌謡を見いだすことも可能である。したがって,歌謡という現代の表現は,日本音楽については,記紀や《風土記》に始まる古代の歌から,他の古代や中世の歌謡,近世の歌謡,あるいは,仏教歌謡や民謡,そして明治以降の唱歌軍歌歌謡曲などを網羅するものと考えられる。…

【声明】より

…このような様式の音楽を一般に〈語り物〉といい,(f)の声明類は日本の語り物音楽の先駆とされる。これに対して(f)以外の声明類の大部分は,〈歌い物〉として区別されることもある。
[楽理]
 声明,とくに天台,真言両声明は雅楽と並ぶ伝統的な音楽理論をもつが,解釈しがたい部分や現行の旋律とは食い違ってきた部分もある。…

※「歌い物/唄い物/謡物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歌い物/唄い物/謡物の関連キーワード唄浄瑠璃常磐津節三味線歌名取川笏拍子郢曲唄方付物端物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android