コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐丸駕籠 とうまるかご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐丸駕籠
とうまるかご

目籠,軍鶏 (しゃも) 駕籠ともいう。江戸時代,民間の重罪犯人の護送に用いたタケ製の駕籠。護送の際は,むしろ,または網を掛けて用いた。しゃものことを唐丸といい,そのタケ籠に似ていたことから,この名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

唐丸駕籠の関連キーワード目籠

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android