コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐物の使 カラモノノツカイ

デジタル大辞泉の解説

からもの‐の‐つかい〔‐つかひ〕【唐物の使】

平安時代、中国の船が北九州に来航したとき、貨物を検査したり、必要な物を買い入れたりするために朝廷から派遣された臨時の官。からものつかい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

唐物の使の関連キーワード平安時代唐物

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android