臨時(読み)りんじ

精選版 日本国語大辞典「臨時」の解説

りん‐じ【臨時】

〘名〙
① その時その時の状況に応ずること。定まった時でないこと。不定時。
※令義解(718)戸「国司勘量所湏多少。臨時斟酌」
源氏(1001‐14頃)賢木「りんじにも、さまざまたふとき事どもをせさせ給などして」 〔魏志‐董昭伝〕
② 一時的なこと。その場限りのこと。
※源氏(1001‐14頃)帚木「万の物を心に任せて作り出だすも、りむじのもてあそび物の」

りゅう‐じ リウ‥【臨時】

〘名〙 「りんじ(臨時)」の撥音「ん」を「う」と表記した語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「臨時」の解説

りん‐じ【臨時】

あらかじめ定めた時でなく、その時々の事情に応じて行うこと。「臨時総会を開く」「臨時番組」「臨時休業」
一時的であること。その期間だけであること。「臨時に作業員を雇う」
[類語]随時不時不定期折に触れて当座時には時として往往たまたまたまさか時時ときどき時折折折時たま間間折節散発間欠周期的とかく時にたまややもすればともすると得てしてなにかにつけ何かと言えば

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android