臨時(読み)リンジ

デジタル大辞泉の解説

りん‐じ【臨時】

あらかじめ定めた時でなく、その時々の事情に応じて行うこと。「臨時に総会を開く」「臨時番組」「臨時休業」
一時的であること。その期間だけであること。「臨時に作業員を雇う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りんじ【臨時】

定まった時ではなく、その時に応じて事をなすこと。定期的でないこと。 「 -に増発する」 「 -ニュース」
長く続くものではなく、一時的であること。 「 -の仕事」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅう‐じ リウ‥【臨時】

〘名〙 「りんじ(臨時)」の撥音「ん」を「う」と表記した語。

りん‐じ【臨時】

〘名〙
① その時その時の状況に応ずること。定まった時でないこと。不定時。
※令義解(718)戸「国司勘量所湏多少。臨時斟酌」
源氏(1001‐14頃)賢木「りんじにも、さまざまたふとき事どもをせさせ給などして」 〔魏志‐董昭伝〕
② 一時的なこと。その場限りのこと。
※源氏(1001‐14頃)帚木「万の物を心に任せて作り出だすも、りむじのもてあそび物の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臨時の関連情報