コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商品化 しょうひんか

大辞林 第三版の解説

しょうひんか【商品化】

物・サービスなどを商品として取引され得るものにすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の商品化の言及

【商品】より


【経済学上の商品】
 市場で交換されるもの,つまり売り買いの対象になっているものが商品である。今日の社会では,さまざまのものが商品として取引(商品化)されている。食料・衣料などの消費財,原料・機械などの生産財という形あるものはもちろん,運輸・保管,金融・保険,労働・娯楽などのサービス,さらには空気・水,知識・情報,土地,資本(株式)といったものにまで価格がつき売り買いされている。…

※「商品化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

商品化の関連キーワードcharacter brandインスタントフォトグラフィーMovable Typeバブルジェットプリンター高梨兵左衛門(19代)プロフェッサーキューブマーチャンダイジング容器包装リサイクル法ダイヤモンドゲームみなさまのお墨つきパイロットプラントルービックリベンジランフラットタイヤ家電リサイクル法コイズミ市場開発バイオサイクル工業用ロボットアイデアの日キャラクターブランド野菜

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商品化の関連情報