コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉山平助 すぎやま へいすけ

3件 の用語解説(杉山平助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉山平助 すぎやま-へいすけ

1895-1946 昭和時代の評論家。
明治28年6月1日生まれ。昭和のはじめから「文芸春秋」で匿名時評,6年から「東京朝日新聞」の雑誌批評欄「豆戦艦」に氷川烈(ひかわ-れつ)の名で執筆。率直な評論で好評をえたが,しだいに国家主義的傾向をおびた。昭和21年12月21日死去。52歳。大阪出身。慶応義塾中退。著作に「春風を斬(き)る」「文学的自叙伝」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すぎやまへいすけ【杉山平助】

1895‐1946(明治28‐昭和21)
評論家。旧備前藩士の庶出として大阪市に生まれる。7歳で上京し,慶応幼稚舎に入り,大学にまで進むが,肺結核にかかり中退して療養生活を送る。生田長江に師事して小説を書くが成功せず,その後,《文芸春秋》に匿名批評を,《朝日新聞》〈豆戦艦〉欄に氷川烈の筆名で雑誌評を書くにいたり,ジャーナリズムの注目を集めた。その庶民的立場からの辛辣(しんらつ)な筆鋒と文学にとどまらず政治,社会,風俗批評にも及ぶ視野の広さは,十五年戦争初期の固く口を閉ざしたジャーナリズム界にあって貴重な存在であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉山平助
すぎやまへいすけ
(1895―1946)

評論家。大阪市生まれ。慶応義塾大学理財科中退。1931年(昭和6)末ごろから『東京朝日新聞』の匿名批評欄「豆戦艦」に氷川烈(ひかわれつ)の名で登場し、政治、社会、風俗にわたる辛辣(しんらつ)な批評ぶりが評判となり、自由主義的な発想と率直な批評態度がジャーナリズムに好評を得た。しかし、戦時体制の進行とともに国家主義的な論陣を張り、やがてマスコミから消えていった。著書に『春風を斬(き)る』(1933)、『文芸五十年史』(1942)ほか多数がある。[都築久義]
『『日本現代文学全集107 現代文芸評論集』(1969・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

杉山平助の関連キーワードイタリア映画深刻小説日清戦争新日本文学戦争放棄観念小説文芸倶楽部ドイツ映画新聞小説カストリ雑誌

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone