コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉山平助 すぎやま へいすけ

3件 の用語解説(杉山平助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉山平助 すぎやま-へいすけ

1895-1946 昭和時代の評論家。
明治28年6月1日生まれ。昭和のはじめから「文芸春秋」で匿名時評,6年から「東京朝日新聞」の雑誌批評欄「豆戦艦」に氷川烈(ひかわ-れつ)の名で執筆。率直な評論で好評をえたが,しだいに国家主義的傾向をおびた。昭和21年12月21日死去。52歳。大阪出身。慶応義塾中退。著作に「春風を斬(き)る」「文学的自叙伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すぎやまへいすけ【杉山平助】

1895‐1946(明治28‐昭和21)
評論家。旧備前藩士の庶出として大阪市に生まれる。7歳で上京し,慶応幼稚舎に入り,大学にまで進むが,肺結核にかかり中退して療養生活を送る。生田長江に師事して小説を書くが成功せず,その後,《文芸春秋》に匿名批評を,《朝日新聞》〈豆戦艦〉欄に氷川烈の筆名で雑誌評を書くにいたり,ジャーナリズムの注目を集めた。その庶民的立場からの辛辣(しんらつ)な筆鋒と文学にとどまらず政治,社会,風俗批評にも及ぶ視野の広さは,十五年戦争初期の固く口を閉ざしたジャーナリズム界にあって貴重な存在であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉山平助
すぎやまへいすけ
(1895―1946)

評論家。大阪市生まれ。慶応義塾大学理財科中退。1931年(昭和6)末ごろから『東京朝日新聞』の匿名批評欄「豆戦艦」に氷川烈(ひかわれつ)の名で登場し、政治、社会、風俗にわたる辛辣(しんらつ)な批評ぶりが評判となり、自由主義的な発想と率直な批評態度がジャーナリズムに好評を得た。しかし、戦時体制の進行とともに国家主義的な論陣を張り、やがてマスコミから消えていった。著書に『春風を斬(き)る』(1933)、『文芸五十年史』(1942)ほか多数がある。[都築久義]
『『日本現代文学全集107 現代文芸評論集』(1969・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉山平助の関連キーワード野口駿尾御歌所木村素衛会田安昌岩本信行住田正雄坪谷幸六藤川禎次宮坂勝村川堅固

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone