喜味こいし(読み)きみ こいし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜味こいし きみ-こいし

1927-2011 昭和-平成時代の漫才師。
昭和2年8月6日生まれ。夢路いとしの弟。昭和14年荒川芳丸に入門し,荒川芳坊を名のって芳博名の兄とコンビをくむ。15年吉本興業から子供漫才として舞台にたつ。23年喜味こいしと改名。以後,ラジオ,テレビ,舞台で上方漫才の人気者となる。平成5年芸術選奨。平成23年1月23日死去。83歳。埼玉県出身。本名は篠原勲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜味こいしの関連情報