夢路(読み)ゆめじ

精選版 日本国語大辞典「夢路」の解説

ゆめ‐じ ‥ぢ【夢路】

〘名〙 の中の道。特に、夢の中で恋しい人のもとに通う道。また、夢に見ること。夢のみち夢の通い路
古今(905‐914)恋二・五七四「夢ぢにも露やおくらん夜もすがらかよへる袖のひぢてかわかぬ〈紀貫之〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「夢路」の解説

ゆめ‐じ〔‐ぢ〕【夢路】

夢をみることを道を行くのにたとえていう語。夢の通い路。「夢路をたどる」
[類語]夢心地夢見心地夢現ゆめうつつ正夢逆夢初夢悪夢夢魔むま空夢残夢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android