営業性預金(読み)えいぎょうせいよきん(英語表記)demand deposits

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

営業性預金
えいぎょうせいよきん
demand deposits

企業が営業上の支出をまかなうために保有する預金。いつでも支払いにあてることができなければならないから,要求払いの形をとるもので,当座預金はその代表的なものであり,普通預金がこれに準ずる。預金口座出し入れが頻繁に行われる出納預金 (→要求払預金 ) でもあるが,営業に関しない出納預金である所得預金 (個人などがその所得を消費するまで預け入れておく預金) とは区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android