コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉祥大師 カジョウダイシ

百科事典マイペディアの解説

嘉祥大師【かしょうだいし】

吉蔵(きちぞう)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かじょうだいし【嘉祥大師】

吉蔵きちぞうの諡号しごう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嘉祥大師
かじょうだいし

吉蔵」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嘉祥大師
かしょうだいし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の嘉祥大師の言及

【吉蔵】より

…中国,隋代の僧。三論宗の開創者,嘉祥大師ともいう。金陵(南京)の人。…

※「嘉祥大師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

嘉祥大師の関連キーワード嘉祥寺[中国]法華玄論南都六宗法華義疏大乗玄論三論玄義三論宗慧灌恵灌法朗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android