コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大師号 ダイシゴウ

デジタル大辞泉の解説

だいし‐ごう〔‐ガウ〕【大師号】

朝廷から贈与される大師称号

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいしごう【大師号】

「大師」の尊号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大師号の言及

【諡】より

…1333年(元弘3)6月,贈太政大臣で,すでに出家していた藤原師賢は,文貞公という諡を賜ったが,これはまったく異例に属している。 僧侶の場合の諡には,法名風諡,大師号,国師号などがあった。法名風のものとしては,867年(貞観9)に壱演に慈済と謚したのに始まるが,その数は歴史を通じて数名に過ぎなかった。…

※「大師号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大師号の関連キーワード円仁(794―864)関山慧玄鉄舟徳済天台座主十八大師嘉祥大師因陀羅紹瑾相応最澄良源朝廷栄西古礀徽号賢首尊号円仁法護

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android