コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三論宗 さんろんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三論宗
さんろんしゅう

仏教の宗派名。『中論』『十二門論』『百論』の3論を所依として立宗したのでこの名がある。中国十三宗の一つ。高祖を文殊菩薩とし,次祖を馬鳴,三祖を龍樹とする。龍樹に2人の弟子があって2派に分れる。一つは龍樹-龍智-清弁-智光-師子光と伝え,一つは龍樹-提婆-羅ご羅多-沙車王子-羅什と伝える。羅什門下には俊才が輩出したが,そのなかの道生から曇済-道朗-僧詮-法朗吉蔵と伝えられた。吉蔵によって大成したので,諸祖のなかで吉蔵を太祖とし,それ以前を古三論,あるいは北地の三論と称し,それ以後を新三論,または南地の三論と称した。吉蔵の弟子で高麗出身の慧灌が推古 33 (625) 年には日本に渡来し,初め飛鳥の元興寺に住したが,のちに井上寺 (いがみじ) を創建して三論宗を広め南都六宗の一つとして盛んになっていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんろん‐しゅう【三論宗】

三論典拠とする仏教の宗派。起源はインドで、の思想を説く。鳩摩羅什(くまらじゅう)によって中国に伝えられ、隋末・唐初のころ、僧吉蔵が中国十三宗の一として完成。日本には推古天皇33年(625)、吉蔵の弟子慧灌(えかん)によって伝えられ、智蔵道慈入唐帰朝して、南都六宗の一となる。実践より思弁的要素が強く、平安時代以後衰退。空(くう)宗。中観宗。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三論宗【さんろんしゅう】

仏教の一宗派。三論を立宗の基礎,般若の空を教理の根幹とする。竜樹とその弟子提婆(だいば)によって創始され,中国隋末に吉蔵(きちぞう)によって大成された。日本へは625年吉蔵の弟子,高麗僧慧灌(えかん)が伝え,元興寺で講じた。
→関連項目クマーラジーバ誓願寺中観派法性

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんろんしゅう【三論宗】

普通には中国,日本の仏教宗派の一つとされる。インドからチベットへ流伝した中観派に対応するものとして,中国仏教においては三論学派があった。クマーラジーバ(鳩摩羅什)晩年の訳になる竜樹(ナーガールジュナ)の《中論》《十二門論》および提婆(だいば)の《百論》の三論を主として研究・講義し,またその哲学にもとづいて禅観を実践する学僧たちの学統である。クマーラジーバ没後,辺境地域に流散していた学統が南朝後半期に摂山棲霞寺を中心に再統合され発展せしめられ,つづいて隋の嘉祥大師吉蔵によって南北両系統の三論学の伝統が集大成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんろんしゅう【三論宗】

南都六宗・中国十三宗の一。三論をよりどころとして、空くう・中道を説く。中国には晋代に鳩摩羅什くまらじゆうが伝え、隋の吉蔵が大成。日本へは625年高麗僧慧灌により伝えられ、奈良時代に盛んに研究された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三論宗
さんろんしゅう

中国仏教の一宗派(学派)で、日本にも伝わり南都六宗の一つに数えられる。『般若経(はんにゃきょう)』の空(くう)を論じた『中論』『百論』『十二門論』の三論に基づくのでこの名がある。無得正観(むとくしょうかん)(空にも有にもとらわれない八不中道(はっぷちゅうどう)を観ずること)、破邪顕正(はじゃけんしょう)(誤った見解、とらわれを打ち破り、正しい道理を顕(あらわ)すこと)を説く。『中論』『十二門論』はインドの龍樹(りゅうじゅ)、『百論』はその弟子提婆(だいば)の著作。いずれも401年に長安にきた鳩摩羅什(くまらじゅう)により漢訳され、門下に研究された。梁(りょう)代に僧朗がこれを江南に伝え、僧詮(そうせん)―法朗(ほうろう)―吉蔵(きちぞう)と受け継がれた。吉蔵は嘉祥大師(かじょうだいし)と称せられ、三論の注釈書『中論疏(しょ)』『百論疏』『十二門論疏』および『三論玄義』などを著して三論の教学を大成した。
 吉蔵に師事した高麗(こうらい)僧の慧灌(えかん)は625年(推古天皇33)に来朝し、元興(がんごう)寺に住して三論の教学を伝え、福亮(ふくりょう)、智蔵(ちぞう)らがこれを広めた。その後、大安(だいあん)寺派と元興寺派に分派した。平安朝以後は新興仏教に押され、学問研究は続いたが宗派としては衰微した。[丸山孝雄]
『平井俊榮著『中国般若思想史研究――吉蔵と三論学派』(1976・春秋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三論宗の言及

【慧灌】より

…《日本書紀》によれば,625年(推古33)高麗王に貢せられて来朝し,僧正に任ぜられたとある。《三国仏法伝通縁起》には,慧灌は中国の嘉祥大師(吉蔵)から三論を学んで日本へ来て,三論宗の始祖となり,飛鳥の法興寺に住したとある。僧正の補任(ぶにん)について,《東大寺具書》によると,孝徳天皇のとき,天下が干ばつにおそわれたので,慧灌を召し寄せ,青衣を着けて三論を講ぜしめたところ,大いに甘雨が降り,その褒賞として僧正に任ぜられたと伝え,《元亨釈書》には祈雨の三論講説を625年来朝の年とし,晩年には河内の志紀郡に井上(いのえ)寺を建てて三論を広めたとある。…

【吉蔵】より

…中国,隋代の僧。三論宗の開創者,嘉祥大師ともいう。金陵(南京)の人。…

【三論玄義】より

…中国,陳から唐初に活躍した学僧,吉蔵の著。三論とは2~3世紀ごろのインドの竜樹(ナーガールジュナ)が書いた《中論》と《十二門論》およびその弟子の提婆(だいば)の著《百論》の三つを指し,クマーラジーバの中国訳によって,これらは《般若経》の説く空観の精髄を示すとされ,〈三論宗〉なる宗派が成立する根拠となるのだが,《三論玄義》はその教科書であると同時に,空観を最も簡明に要約し解説した仏教入門書でもある。【川勝 義雄】。…

【真俗二諦】より

…中国,南北朝期にとくに三論宗の教義の中心として論議された仏教教理概念で,真諦と俗諦のこと。真諦とは絶対不変の真理,俗諦とは世俗的真理を言う。…

【南都六宗】より

…奈良六宗ともいう。8世紀に官大寺などで研究されていた三論宗,成実(じようじつ)宗,法相(ほつそう)宗俱舎(くしや)宗華厳(けごん)宗律宗の六宗を指す。六宗の成立以前に華厳宗を除く五宗が成立していたことは,718年(養老2)10月の太政官符に〈五宗の学,三蔵の教〉とあることからもうかがわれ,藤原氏祖先の伝記である《家伝》(鎌足伝)も藤原鎌足が飛鳥元興(がんごう)寺に五宗の研究の費用を寄付したと伝えている。…

※「三論宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三論宗の関連キーワード弖爾波・手爾波東大寺三論宗点決定往生集公顕(2)大乗玄論真俗二諦奈良時代八不中道生即無生法華義疏弖爾波点三論玄義三論宗点東南院弖爾波権大乗中道奝然十宗仁鏡

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android