コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉納治郎作 かのう・じろさく

1件 の用語解説(嘉納治郎作の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

嘉納治郎作

没年:明治18.9.15(1885)
生年:文化10.10.24(1813.11.16)
幕末維新期の廻船業者。近江国(滋賀県)坂本村生まれ。のち摂津国御影村(神戸市)の廻船問屋嘉納治作の養子となる。本家は嘉納治郎右衛門で江戸積酒造業に専業,その分家筋の治作は樽廻船を所有して廻船業を営み,幕府廻船御用達を勤めた。治郎作はその廻船業を継ぐと同時に,文久2(1862)年勝海舟 のもとで和田岬,神戸・西宮の砲台築造工事を請け負った。慶応3(1867)年10月,出願によって幕府所有の汽船長鯨丸,奇捷丸,太平丸などを託され,江戸―神戸―大坂間の定期航路を開き,これがわが国の洋式船による定期航路の端緒となった。維新後は政府に仕え,明治17(1884)年には海軍権大書記官に任ぜられた。講道館創始者の嘉納治五郎は3男。

(柚木学)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嘉納治郎作の関連キーワード樽廻船NHK大河ドラマ安宝角屋七郎次郎(3代)嘉納次郎作念仏重兵衛宮地正人宮脇睡仙横田屋新兵衛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone