四五(読み)しご

精選版 日本国語大辞典「四五」の解説

し‐ご【四五】

〘名〙 和船の上棚上部を保護する荷くさびをとめるための細い角材。大しごと小しごがある。七〇丁立の大型関船用の大しごでは、幅三寸五分、厚さ一寸二分程度。玉縁(たまぶち)
※一札之覚(1743)「大しこ、壱尋に付三歩掛り、厚さ壱歩掛り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「四五」の解説

し‐ご【四五】

和船のげんわらで覆う荷くさびを固定するための4、5本の細い角材。重縁しげぶち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android