コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉縁 たまぶち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉縁
たまぶち

パイピング pipingともいう。裁断した布端を布テープでくるむ方法の一つ。裏表とも体裁よく仕上げるため,ほつれ止めと装飾を兼ねる。裏なしの衣服の裾,縫い代の始末,ポケット口やボタン穴などに応用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たま‐ぶち【玉縁】

美しい縁。また、きれいに縁どりしたもの。
布の裁ち目に別布をつけて細く縁どったもの。縫いしろの始末やボタンホールなどに用いる。パイピング。

㋐西洋建築で、建物の隅に取り付ける、断面が半円形の刳(く)り形。
㋑竹の節欄間で、上下にある横木。
建仁寺垣袖垣の、割り竹や萩の幹の束で作った縁。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまぶち【玉縁】

美しく縁どりをしたもの。縁どりの飾り。
服飾で、布の裁ち目や、ポケット・ボタン穴などを細くくるむこと。また、くるんだもの。
〘建〙
竹の節欄間の上下にある横木。
袖垣や建仁寺垣の縁どりに用いる割竹など。
刳形くりかたの一。断面が弧状の突出した刳形。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

玉縁の関連キーワード落としミシン・落しミシンボタンホール児女英雄伝パイピング竹の節欄間基礎縫い紅楼夢半円形竹の節横木

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android