因幡牛(読み)いなばうし

精選版 日本国語大辞典の解説

いなば‐うし【因幡牛】

〘名〙 因幡(鳥取県東部)地方に産する和牛。大形で、胸部が狭い。伯耆牛(ほうきうし)とほとんど区別がないので、これを併称して因伯牛(いんはくぎゅう)または因伯種(いんはくしゅ)という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android