区別(読み)くべつ(英語表記)distinction

翻訳|distinction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「区別」の解説

区別
くべつ
distinction

事象の間にある差異を識別し,認定すること。理性の本質的機能の一つであり,科学的営為の基本。類と種差による定義に立脚するアリストテレス的方法や分類学,「われ別す」 distinguoを合言葉として営まれたスコラ学の弁証法から,判明性 (区別されてあること) を真理認識の本質的要件としたデカルトを経て,現代の精神諸科学に方法的モデルを提供している言語学における弁別特徴の追求にいたるまで,学問史を通して区別の方法的重要性は確認されている。区別は対象に向けられた主観的行為であるから,差異がどこにあるかに従って,実在的区別と概念的区別の2種が立てられるが,ドゥンス・スコツスはこの中間として形相的区別をおき,デカルトも同様な考えを示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「区別」の解説

く‐べつ【区別】

〘名〙 ある事物を違いや種類によって分けること。また、その違い。
※舎密開宗(1837‐47)内「に硫酸鉄同類分〈略〉に分て水中に散ずるなり。之を分散 実斐斉阿 と称して分離 亜那列斉斯 に区別す」
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「日月星辰の運行昼夜の区別とかいふものが」 〔班固‐幽通賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「区別」の解説

【区別】くべつ

けじめを作る。〔論語、子張〕君子は~(こ)れを木の區して以て別あるに譬(たと)ふ。~始めり卒(をは)りは、其れ唯だ人のみか。

字通「区」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android