因果報応(読み)いんがほうおう

精選版 日本国語大辞典の解説

いんが‐ほうおう イングヮ‥【因果報応】

※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「我れ趙の卒を数十万人抗にし殺た我れも、今死すると云たぞ。是を因果報応であるとみては非也」 〔大慈恩寺三蔵法師伝‐七〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の因果報応の言及

【因果応報】より

…仏教語で,因果報応ともいう。善悪の原因があれば必ずそれに相応する楽苦の結果のあることをいう。…

※「因果報応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android