団扇蜻蜓(読み)ウチワヤンマ

デジタル大辞泉の解説

うちわ‐やんま〔うちは‐〕【団扇蜻蜓】

サナエトンボ科のトンボ。体長7センチくらい。体は黒く、胸部前方に逆八字形の黄色紋があり、腹部の第8節に団扇状の突出物がある。幼虫は腹部全体が扇状で扁平。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うちわ‐やんま うちは‥【団扇蜻蜓】

〘名〙 サナエトンボ科に属する大形のトンボ。腹長約五八ミリメートル。はねは約四五ミリメートル。腹部は黒く節ごとに黄色の紋があり、第八節に半円形の突出部がある。本州以南に分布し、盛夏に現われる。うちわとんぼ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android