コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛夏 せいかmidsummer

翻訳|midsummer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盛夏
せいか
midsummer

日本における,梅雨明け後の本格的な。日本列島は小笠原高気圧の支配下に入り,晴れて高温多湿の天気が続く。海岸地域では海陸風が発達する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐か【盛夏】

夏の暑い盛りの時期。真夏。「盛夏の候」 夏》「廬(ろ)の―窓縦横に太き枝/蛇笏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいか【盛夏】

夏の一番暑い時期。まなつ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の盛夏の言及

【季節】より


[自然季節]
 1年の天候推移の特徴に基づいて区分されたものは自然季節と呼ばれ,上記の天文学的な季節とは異なり,真に気候学的な季節である。例えば日本では,北西季節風の卓越する冬(11月末~2月下旬),低気圧通過による周期的天候変化を特徴とする春(2月下旬~6月上旬),梅雨前線の停滞によりひき起こされる梅雨季(6月上旬~7月中旬),高温な晴天の続く盛夏(7月中旬~8月末),秋雨前線と台風による雨が多い秋霖季(8月末~10月中旬),春と同様周期的天候変化のみられる晩秋(10月中旬~11月末)の六つの自然季節が基本である。これをさらに細分して,例えば春は気温により早春,春,晩春と三分したり,冬も同様に初冬,真冬と二分したりする。…

※「盛夏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

盛夏の関連キーワードみんみん蝉・みんみん蟬・蛁蟟ひょう紋病(トウモロコシ)コオニユリ(小鬼百合)クルマバナ(車花)クマイチゴ(熊苺)ヒマワリ(向日葵)オホーツク海気団イモサルハムシはえ(南風)太平洋側気候クールウール辺掻・辺搔十六ささげカンカン帽阿部以幾子サンドレス熊蝉・熊蟬小笠原気団朝の茶事日照り花

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

盛夏の関連情報