コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とんぼ とんぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とんぼ

歌舞伎の殺陣 (たて) の用語。立回りのとき,主役に投げられたりして,もんどりうって宙返りをする演技。とんぼを切る,または返るという。散楽や田楽芸のなかにあった曲芸的要素が歌舞伎に入ったといわれる。端役に必須の芸で,種類は「三徳」「後返り」「返り立ち」「返り込み」など数多くある。これらが組合わされて殺陣の場面が成立する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

とんぼ

歌舞伎のたての一技法。立回りのなかで,投げられたり,斬られたりする者が,舞台に手をつかずに宙返りをすること。この動作を〈とんぼを切る〉,または単に〈返る〉ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

とんぼ

けん玉の技のひとつ。玉を地面対してほぼ水平になったけん先に乗せて静止させる。

とんぼ

日本のテレビドラマ。放映はTBS系列(1988年10月~11月)。全8回。脚本:黒土三男。出演:長渕剛秋吉久美子、哀川翔ほか。第7回向田邦子賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

とんぼの関連キーワード浮世亭とんぼ・横山まさみTB蜻蛉・蜻蜓・筋斗フリップジャンプフリップターンクイックターン翻筋斗を打つ逆とんぶり蜻蛉を切る逆蜻蛉返り灯心蜻蛉蜻蛉返り極楽蜻蛉死人返り蜻蛉持ちキッファ村上正則後ろ返りソナチネとんぼ玉

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とんぼの関連情報