コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国持 クニモチ

大辞林 第三版の解説

くにもち【国持】

「国持衆」「国持大名」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の国持の言及

【国衆】より

…この直臣団は,同時に守護大名の幕府からの自立化を阻止する役割をも担っていたのである。なお,国衆・国人という語は,この南北朝・室町期の在地領主層を指し示す以外に,室町末期には将軍近侍の大名や直臣団に対して国持・準国持の大名在国衆にも用いられた。この影響を受けて,江戸時代には国持大名の別称となった。…

【大名】より

…さらにこれを将軍との親疎関係によって分類する場合は,三家,三卿,家門,譜代,外様に分けるが,家門は三家,三卿以外の親藩およびその分家をさし,旧族大名と織豊大名を徳川系大名に対して外様に一括する。 また領国や居城の規模によって,国主(国持),准国主,城主,城主格,無城に分け,あるいは江戸城中の詰間(つめのま)によって,大廊下,溜間(たまりのま),大広間,帝鑑間(ていかんのま),柳間,雁間(かりのま),菊間に分け,さらに官位によって,侍従以上,四品(しほん)(四位),諸大夫(五位)に分け,石高によって,10万石以上,5万石以上,1万石以上に分ける場合もある。大名はこれらの組合せによって複雑多岐な格式序列がつくられたが,このことは大名(藩)の存在形態がきわめて多様であったことを示している。…

※「国持」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国持の関連キーワードATPワールドツアー・ファイナルアジア=アフリカ法律諮問委員会島津氏(しまづうじ)九州・沖縄作曲家協会全国都市緑化フェア国際記念物遺跡会議東南アジア競技大会日中韓首脳会談国際図書館連盟相李田次万呂喜連川陣屋葉 文虎安勅嶋足前田利家国取大名国主大名山名持豊織田信浮仁木義長本国持

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国持の関連情報