コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国持衆 くにもちしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国持衆
くにもちしゅう

室町時代の守護大名江戸時代の大名で1国以上を領有する者。江戸時代には1国以上の場合はもちろん,1国未満でも家格が高く権勢の強大な大名をもさした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くにもちしゅう【国持衆】

室町時代、将軍の一門や譜代の大国の守護で、管領・相伴衆などに補せられないものの尊称。戦国大名にもこの名をおくった。のちには、家格の高い大名の称ともなった。国持。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国持衆の関連キーワード室町時代戦国大名御供衆相伴衆准国持大国一門将軍老中国持譜代尊称

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android