国立クレムリン宮殿(読み)コクリツクレムリンキュウデン

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐クレムリンきゅうでん【国立クレムリン宮殿】

Gosudarstvennyy Kremlevskiy DvoretsГосударственный Кремлевский дворец》ロシア連邦の首都モスクワの中心部、クレムリンにある建物。旧称クレムリン大会宮殿。1961年に完成したクレムリン唯一の現代建築であり、収容人数6000人を誇る。旧ソ連時代は共産党大会などに使われた。現在は国際会議のほか、オペラやバレエの劇場として利用される。1990年にクレムリンが世界遺産(文化遺産)に登録された際、この宮殿だけが選ばれなかった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android