国約憲法(読み)こくやくけんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国約憲法
こくやくけんぽう

各構成国間の合意に基づいて成立する憲法のことをいい,条約憲法ともいう。なお,日本の近代史において明治憲法制定前に戦わされた憲法論議の過程で,まず議会を開設してその議を経たうえで憲法を制定すべきであるとの主張が行われ,この憲法のことを国約憲法と称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android