合意(読み)ゴウイ

デジタル大辞泉の解説

ごう‐い〔ガフ‐〕【合意】

[名](スル)互いの意思が一致すること。法律上は、当事者の意思表示が合致すること。「合意に達する」「離婚に合意する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごうい【合意 consent】

複数の自由意思の合致の意であり,絶対主義による同調conformityの強要への対抗概念である。統治が合意に基づくべきであるという近代民主主義の基本原理は,中世西欧以来の統治原理にその起源をもつ。王が同輩中の第一人者とされる時期には支配的な意思への合致である同調は自明の前提であるが,王権の伸張と諸身分の形成が行われるにつれて,〈合意による支配(統治)government by consent〉の観念が明確に主張されるようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごうい【合意】

( 名 ) スル
二人以上の者の意見が一致すること。 「 -に達する」 「協議の上で-した」
〘法〙 当事者の意思が一致すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごう‐い ガフ‥【合意】

〘名〙 互いの意思が一致すること。一致した意見
俳諧・句兄弟(1694)上「是は各句合意の躰也。兄の句に寒しといふ字のふくみて聞え侍れば、こなたの句、弟なるべし」
条約改正論(1887)〈小野梓〉六「実に諸国共同の合意を得るの難きに在り」 〔漢書‐匡衡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の合意の言及

【コンセンサス】より

…政治に対する認知や態度の基本的な点に関して,人々の間に高度の合意が存在することをいう。価値と利害の多元性を前提とする社会では,人々の間に多様な対立が存在するのが常態である。…

※「合意」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合意の関連情報