合意(読み)ごうい

精選版 日本国語大辞典「合意」の解説

ごう‐い ガフ‥【合意】

〘名〙 互いの意思が一致すること。一致した見。
※俳諧・句兄弟(1694)上「是は各句意の躰也。兄の句に寒しといふ字のふくみて聞え侍れば、こなたの句、弟なるべし」
条約改正論(1887)〈小野梓〉六「実に諸国共同の合意を得るの難きに在り」 〔漢書‐匡衡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「合意」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「合意」の解説

ごうい【合意 consent】

複数の自由意思の合致の意であり,絶対主義による同調conformityの強要への対抗概念である。統治が合意に基づくべきであるという近代民主主義の基本原理は,中世西欧以来の統治原理にその起源をもつ。王が同輩中の第一人者とされる時期には支配的な意思への合致である同調は自明の前提であるが,王権伸張と諸身分の形成が行われるにつれて,〈合意による支配(統治)government by consent〉の観念が明確に主張されるようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「合意」の解説

【合意】ごう(がふ)い

心を合わせる。〔国語、魯語下〕を合する以なり。は詩を詠ずる以なり。今詩以て室を合し(結婚する)、歌以て之れを詠ず。法に(あ)へり。

字通「合」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の合意の言及

【コンセンサス】より

…政治に対する認知や態度の基本的な点に関して,人々の間に高度の合意が存在することをいう。価値と利害の多元性を前提とする社会では,人々の間に多様な対立が存在するのが常態である。…

※「合意」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android