国際窒素カルテル(読み)こくさいちっそカルテル

百科事典マイペディアの解説

国際窒素カルテル【こくさいちっそカルテル】

合成技術の発展世界恐慌による窒素肥料生産過剰に伴う激しい競争を乗り切るため,1930年独,英,仏などヨーロッパ10ヵ国の化学肥料会社で結成。初め価格協定と,各国国内市場の自国企業による保持協定にとどまったが,1938年輸出協定も実施。さらに米国大企業とも輸出量・価格を協定した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android