コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窒素肥料 ちっそひりょう nitrogenous manure

6件 の用語解説(窒素肥料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窒素肥料
ちっそひりょう
nitrogenous manure

窒素を主成分として含む肥料。魚粉,油かすなどは有機質窒素肥料であるが,化学肥料としては,硫安,塩安,尿素,石灰窒素,硝安,硝石などがある。硝酸態窒素肥料は硝酸ナトリウムの形態で存在する窒素を主成分とするもので,速効性であるが,土壌から溶脱しやすいので畑作に用いられることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちっそ‐ひりょう〔‐ヒレウ〕【窒素肥料】

窒素を主成分とする肥料。植物の茎・葉の発育を促進する。尿素硫安・塩安・硝安チリ硝石石灰窒素など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

窒素肥料【ちっそひりょう】

植物の生育に欠かせない窒素を主成分とする肥料。硫安(硫酸アンモニウム),塩安(塩化アンモニウム),硝安(硝酸アンモニウム),尿素チリ硝石石灰窒素等をいう。チリ硝石以外は空気中の窒素を原料として工業的に合成される。
→関連項目アンモニア合成化学肥料石灰窒素工業全層施肥肥料肥料工業葉面散布硫安工業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちっそひりょう【窒素肥料 nitrogen fertilizer】

植物に利用できる形態の窒素化合物を含有する資材を窒素肥料という。窒素はタンパク質,核酸,アミノ酸などに含まれる植物の重要元素であり,その欠乏は植物の生育を顕著に抑制する。肥料として広く用いられている窒素化合物としてはアンモニウム塩類,硝酸塩類,尿素,石灰窒素であり,そのほかに尿素とアルデヒド類との誘導化合物のウレアホルム,イソブチリデンダイウレア,クロトニリデンダイウレア,グアニル尿素などの緩効性合成有機質窒素肥料もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちっそひりょう【窒素肥料】

窒素を主成分とする肥料。植物の茎葉の発育を促進する。硫安・尿素・堆肥たいひ・魚肥など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

窒素肥料
ちっそひりょう

肥料三要素の一つである窒素を主成分とする肥料の総称。植物は窒素源を主としてアンモニアと硝酸の形で吸収利用するので、窒素肥料もアンモニア態か硝酸態のもの、あるいは土壌に施用されたあとで短期間にこれらの形に変化するものが使用されている。現在、日本で使われている窒素肥料を窒素の化合形態によって分類すると、無機質の硝酸塩類、アンモニウム塩類、尿素、シアナミド態窒素肥料、緩効性窒素肥料があり、また動植物有機質肥料にも窒素肥料とみられるものが多い。[小山雄生]

硝酸塩類

硝酸アンモニウム(硝安)、硝酸ソーダ(チリ硝石)などがあり、いずれも水溶性の速効性肥料である。畑作物の追肥用として好適であるが、土壌に吸着されにくく雨水で流されやすい。また水田では窒素ガスに還元されて大気中に失われやすいので、水稲に使用することは不利である。吸湿性が強く取扱いや貯蔵に不便であるため需要はあまり多くない。[小山雄生]

アンモニウム塩類

水溶性で速効的であるが、土によく吸着されるので流亡しにくく、吸湿性もあまり大きくないのでもっともよく使われている。おもなものに硫安、塩安、リン安などがあり、陰イオンの違いによって肥効に多少の差がある。たとえば、硫安は秋落ちしやすい老朽化水田には向かず、塩安はいも類などデンプン質作物には向かない。[小山雄生]

尿素

有機物であるが肥効は通常の場合アンモニウム塩と大差がない。水溶液がイオンでないため土壌に吸着されにくく雨水で流されやすい。しかし施用後は炭酸アンモニウムに変わり、土に吸着されやすくなる。窒素当りの値段は安く、生理的にも中性で葉面散布にも使用できる利点がある。[小山雄生]

シアナミド態窒素肥料

石灰窒素があり、アルカリ性で肥効はアンモニウム塩に比べすこし遅い。生物に有毒で、この毒性を利用して微生物や小動物を制御するのに使われるなど農薬効果をあわせもつ特徴のある肥料である。[小山雄生]

緩効性窒素肥料

肥料成分の流亡を防ぐため開発された窒素肥料でグアニル尿素(ジシアンジアミドを酸性溶液中で加水分解して得た塩)、ウレアホルム(ホルムアルデヒド加工尿素)、IB(尿素とイソブチルアルデヒドの混合物)などがある。土の中で分解してアンモニアを生成するのが遅く、窒素成分がゆっくりと効く。肥効をコントロールしやすいコーティング肥料(被覆肥料)の利用が増えている。[小山雄生]

タンパク態窒素を含む肥料

魚肥、油かす類があり、有機質で土壌中で微生物によって分解されアンモニアに変化してから植物に利用されるので緩効的である。したがって濃度障害をおこさず、肥効が長続きする安全で使いやすい肥料であり、またリン酸やカリなどの成分もいっしょに含まれているので、おもに園芸作物や永年作物などに使われている。高価なため消費量はそれほど多くない。
 全般に肥料は複合化されて使用される傾向にあるので、単肥としての使用は減っているが、窒素肥料は追肥用に単肥としても用いられる。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の窒素肥料の言及

【肥料工業】より

…化学肥料工業の基礎は,1843年イギリスのJ.B.ローズがドイツのJ.vonリービヒの農業化学理論を応用し,過リン酸石灰の製造を開始したときに築かれた。19世紀の間,工業製品としての肥料過リン酸石灰のみであったが,20世紀に入ると窒素肥料の工業的製造法が相次いで開発された。すなわち,電弧法による硝酸製造,フランク=カロー法による石灰窒素の工業化,そして1913年に工業的生産が開始されたハーバー=ボッシュ法によるアンモニアの合成は,その高圧合成の技術によって,その後の化学工業の発展に大きな影響を及ぼすこととなった。…

※「窒素肥料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

窒素肥料の関連キーワード空中窒素固定残余窒素窒素工業窒素固定窒素同化作用外因性窒素生物的有効性代謝性糞中窒素窒素出納非タンパク質窒素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

窒素肥料の関連情報