コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国高 くにだか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国高
くにだか

江戸時代の土地生産高の標示方式である石高を国ごとに集計したものをさす。また人ごとに集計したものは持高,村ごとに集計したものは村高,領主ごとに集計したものは表高,知行高という。国高,村高は年貢収納,領地給与の算定基準であった。 (→草高 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国高の関連キーワード瓊瓊杵命・邇邇芸命・迩迩藝命全国高校野球選手権大会高島四郎兵衛(初代)坂上田村麻呂全国高総文祭インターハイ布勢内親王夏の甲子園夏の選手権望月 信亨織田信邦諏訪頼忠丹羽長秀毛利輝元高校総体平城天皇全高総文木下利房デザコン飯田武郷

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国高の関連情報