コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表高 おもてだか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表高
おもてだか

江戸時代,大名将軍判物 (はんもつ) または朱印状によってその支配が承認された所領石高内高が流動的であるのと違って固定的だった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

表高【おもてだか】

江戸時代,諸藩・旗本の所領の公式の石高。朱印高ともいう。実際の貢租賦課基準となる内高または実高との差は後期になるほど顕著となるが,幕府が大名に課す軍役などは常に表高を基準とした。
→関連項目石高

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おもてだか【表高】

江戸時代、大名・知行取りの表向きの石高。公称の禄高。 ↔ 内高

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

表高
おもてだか

江戸幕府が公認した大名・旗本の所領高。御朱印高(ごしゅいんだか)ともいう。軍役・国役などの課役基準となった。実際の収穫高である内高(うちだか)とは異なる場合が多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の表高の言及

【打歩(内歩)】より

…土地の実際の丈量反別(面積)をいい,実際の石高を内高,実高といった。これに対して検地帳面記載の公式の反別を表歩,石高を表高といった。表歩より打歩のほうが大きいのが通例である。…

【元禄検地】より

…検地の結果をみてみると,綿密な査検によって土地の生産力と実態が再把握された一方で,旧高に比して新検高の著しい増加がみられる。その打出し部分は,結局は幕領の石高増加に結びつくものであり,また検地による表高改変の差異は,表高によって知行を付与される大名・旗本の財政基盤に直接影響をもたらすものであった。さらにこの領主財政への圧迫がひいては農民収奪の強化に結果している場合もしばしばみられるところである。…

【石高制】より

…丈量を行わずに石高を決定した地域の事例をもって,石高制そのものをフィクション視する見解もあるが,一面的にすぎるといえよう。石高制の原理は,領主・農民間の階級関係や領主相互間のヒエラルヒーを規定づけるものとして,江戸時代を通じて機能したが,検地が新たに行われても,表高の改定は家格の変更を伴うので,幕府の判断で適宜石高を定めた例もある。関東地方のように年貢収納が反取(たんどり)のところでは,日常的には百姓は石高を意識せずに生活していたが,郷帳作成の際には村高が石高で与えられた。…

※「表高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

表高の関連キーワード打ち出し・打出し吉田藩(三河国)打歩(内歩)新発田(市)宇和島藩小栗美作松倉勝家二本松藩島津惟久知行取り江戸時代三根山藩麻田藩八戸藩花房藩津軽氏福岡藩岡部藩福江藩加賀国

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表高の関連情報