コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草高 くさだか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草高
くさだか

草は稲の意で,江戸時代領内から産出する米の総額を呼んだ。領内の草高を集計した領内の総上がり高は領主が年貢賦課の対象とした実高 (内高) とほぼ一致した。幕府の公認の表高 (おもてだか) が固定的であるのに対し,草高は検地打出しや耕地開発で増加する傾向にあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草高
くさだか

江戸時代、領内で産出される米穀の総量をいう。米以外の畑で収穫される麦、大豆、蕎麦(そば)などや耕作に使用されない屋敷地の分も米に換算して、草高に組み込んだ。年貢割付(わりつけ)状や年貢皆済(かいさい)目録などによくみられる呼称であり、本来は年貢賦課基準としての石高(こくだか)(とくに村高)をさすと考えられる。しかし、検地に基づく草高が実際の生産高と著しく乖離(かいり)するようになると、草高は制度上のものとして名目化した。たとえば、越後(えちご)国(新潟県)新発田(しばた)藩では、承応(じょうおう)年間(1652~55)の地改(じあらため)に際し、1反(たん)=360歩(ぶ)制を採用したうえ、取米(とりまい)高を付加税賦課の基準にする一方、従来の本高を草高と称して名目化させた。[馬場 章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の草高の言及

【石高制】より

…大名の場合,領知判物や黒印状によって将軍より与えられるもので,軍役賦課などの基準になり,大名の格式を決定づける要因となっている。 草高《地方(じかた)凡例録》に,〈本高のことは草高と唱へ,諸掛り物等ニハ用ひざる由なり〉とある。取米高を基準に掛り物が課せられる地域では草高は名目化されるが,通常は領内で収穫される米の総量を意味し,年貢賦課の基準となる石高である。…

※「草高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草高の関連情報