土冠(読み)どかん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土冠
どかん

石冠(せっかん)と同じく冠(かんむり)状をした土製品。縄文晩期末の遺跡から東北地方でまれに発見される。ほかに硬玉大珠(こうぎょくだいしゅ)など石製品を模した土製品が縄文文化人によってつくられているが、石製品と用途が同一であったかどうかは明らかでない。[江坂輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android