坂野 兼通(読み)バンノ カネミチ

20世紀日本人名事典の解説

坂野 兼通
バンノ カネミチ

大正期の銀行家 山口合資理事;山口銀行常務。



生年
文久3年12月(1864年)

没年
昭和6(1931)年8月12日

出生地
尾張国名古屋(愛知県)

学歴〔年〕
東京高等商業学校(現・一橋大学)卒

経歴
三菱合資に入社、銀行部大阪支店長を務め、明治43年山口銀行理事に就任、のち常務。個人経営から株式会社への改組、東京支店の開設など支店網の拡大、外国為替業務の開始など銀行業務の充実のほか、関西信託会社・大阪貯蓄銀行など関連事業へも進出し同行の発展・近代化に貢献した。大正13年筆頭常務を退任し、以後山口合資理事に専念した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android