開設(読み)かいせつ

精選版 日本国語大辞典「開設」の解説

かい‐せつ【開設】

〘名〙 設備や施設などを新しく設けること。また、新しく作って、その運用を始めること。新設。⇔閉鎖。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉下「明年の三月を期して国会を開設(カイセツ)する勅書が出て」 〔孔安国‐尚書

あけ‐ま・く【開設】

〘他カ下二〙 をあけて迎える用意をする。
※万葉(8C後)四・七四四「夕さらば屋戸(やど)開設(あけまけ)てわれ待たむ夢に相見に来むといふ人を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「開設」の解説

【開設】かいせつ

新たに設ける。・孔安国〔尚書の序〕室の興するや、學を開設し、(あまね)く儒を求めて、以て大(たいいう)を闡(ひら)く。

字通「開」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android