均熱炉(読み)きんねつろ(英語表記)soaking pit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均熱炉
きんねつろ
soaking pit

鋳造されたままの鋼塊は高温にみえても,内外部の温度差があり,そのまま圧延や鍛造にかけると高温で軟らかい内部がはみ出すので,均等な加工ができない。それで鋼塊内外部が同じ温度になるように,一度加熱炉に入れてゆっくり加熱する。この加熱炉が均熱炉で,鋼塊 (インゴット) を圧延する分塊圧延工場に近い床下に設置される。加熱はガス燃焼により,温度は通常 1250~1330℃とする。同様の問題は圧延途中の再加熱のときも起るが,それには分塊工場の中途にバッチ炉,あるいは種々の形式の連続式加熱炉が設けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android