中途(読み)ちゅうと

精選版 日本国語大辞典「中途」の解説

ちゅう‐と【中途】

〘名〙 (「ちゅうど」とも)
道中のなかほど。途中中路
※経国集(827)一四・不堪奉試〈路永名〉「別有邯鄲学歩者、中途匍匐不帰」
※平家(13C前)一〇「帰雁友を失ふ心、さだめて九重の中途に通ぜんか」 〔左思‐詠史詩〕
② 今まで継続してきた行動が完了しないで、その途上にあること。進行する物事のなかば。また、流派などの流れの最初と末端の間。途中。中路。中道。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「説の末を同ふすれども中途より相分れて其本を異にする所なり」 〔陳書‐高祖紀上〕
③ 中世の裁判で、その訴訟の途中の状態をいう。訴訟の間、係争物件は、公権力に凍結された。
大乗院寺社雑事記‐文明一三年(1481)一二月六日「田那庄事は所務被中途歟云々」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中途」の解説

ちゅう‐と【中途】

出発地から目的地へ向かって進む道中のなかほど。途中。「中途で引き返す」
進行する物事のなかば。ある期間のなかごろ。途中。「経営を中途で投げ出す」「中途入社」「中途採用」
細長い物のまんなかあたり。途中。「枝が中途から折れる」
途中用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android