均衡景気循環論(読み)きんこうけいきじゅんかんろん(英語表記)equilibrium business cycle theory; real business cycle theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均衡景気循環論
きんこうけいきじゅんかんろん
equilibrium business cycle theory; real business cycle theory

経済は原則として常に均整成長のうえにあるとする考え方。現実に観察される経済循環は確率的に生じる攪乱要因によって生じたものであり,内生的な要因によって引起されるわけではないとする。また攪乱要因として生産技術へのショックなど実物的な要因のみを考えることから実景気循環論とも呼ばれる。 (→景気循環論 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android