現実(読み)ゲンジツ

大辞林 第三版の解説

今、現に事実として存在している事柄・状態。 ⇔ 理想 きびしい-を直視する 理想と-との違い -に起こった事件
現に事実として与えられていること。また、そのもの。
理想に対してその素材や障害となる日常的・物質的なもの。現状。
理想
現に存在し活動するもの。想像・虚構や可能性ではなく、現に成り立っている状態。実際の存在。実在。
実現すること。 光明より流れ出づる趣味を-せん事を要す/野分 漱石 哲学字彙(1881年)に英語 actuality の訳語として載る。英語 reality の訳語としても用いる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (actuality, reality の訳語)
① (空想、理想などに対して) 事実として目の前にあらわれているものごとや状態。また、現在、実際に存在していること。〔布令字弁(1868‐72)〕
※波の音(1907)〈国木田独歩〉一「自分は空想の浜から現実(ゲンジツ)の浜に出た」
② (━する) 実現すること。
※野分(1907)〈夏目漱石〉五「光明より流れ出づる趣味を現実(ゲンジツ)せん事を要す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現実の関連情報