コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景気循環論 けいきじゅんかんろんtheory of business cycle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

景気循環論
けいきじゅんかんろん
theory of business cycle

景気循環現象の発生要因を明らかにし,それら要因の組み合わせによって循環現象を考察する経済学の一分野。景気の問題が経済学史上初めて激しい経済学議論の対象となったのは,ナポレオン戦争後の過渡的恐慌の性格をめぐって,セーの法則(販路説)をとるデービッド・リカード,ジャン=バティスト・セーらが一般的過剰生産の不可能性を説き,他方トマス・ロバート・マルサスらがこれを否定して可能性を主張したときである。1825年から資本主義の周期的恐慌(景気循環)が始まるが,この頃までにセーの法則が正統説となっており,まだ周期性については論じられていなかった。ジョン・スチュアート・ミルの『経済学原理』(1848)では景気循環(当時は商業循環,信用循環,商業恐慌ないし信用恐慌の循環性というかたちでとらえられていた)問題も取り上げられたが,周期的恐慌ないし景気循環を資本主義経済の本質的属性とみなした最初の経済学者はカルル・ハインリヒ・マルクスである。しかし,景気循環分析の始祖と通常考えられているのは景気の中期波動(主循環)の発見者ジョゼフ・C.ジュグラー(『フランス,イギリスおよびアメリカにおける商業恐慌とその周期的再発』〈1862〉)で,この景気波動は彼の名にちなんでジュグラー・サイクルと呼ばれる。1910年代になると限界革命の影響を受けた若い経済学者の間で景気現象が注目され始め,ジョーゼフ・アロイス・シュンペーターの新機軸説(『景気循環論』〈1939〉),ラルフ・ホートリーの貨幣的景気理論,アーサー・C.ピグーらの心理説,J.ホブソン,マルクス経済学者らの過少消費説,ルートウィヒ・エドラー・フォン・ミーゼスやフリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエクらの過剰投資説など,景気循環の原因についてさまざまな説が唱えられた。1930年代以降はジョン・メイナード・ケインズの『雇用・利子および貨幣の一般理論』(1936)が決定的影響を与え,さらに景気循環の動学的分析の手法を確立した R.フリッシュやクヌート・ウィクセルに始まる北欧学派の貢献などをも媒介にして,ジョン・R.ヒックス,ポール・サミュエルソンらのケインズ学派は投資関数と消費関数を中心とする景気循環のモデルを展開。乗数効果(投資の所得造出効果)と加速度原理(所得の投資誘発効果)の相互作用から景気現象を説明するモデルなどが第2次世界大戦後多数つくられている。特に投資関数の非線形性を強調するモデルを用いるものは非線形景気循環論といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

景気循環論の関連キーワードジョセフアロイ・A. シュンペーターロバート・E.(Jr.) ルーカスエリック・フィリップ ルントベリーフレドリッヒ・オーガスト ルッツジョン・リチャード ヒックスマクロ・ダイナミックス新しいマクロ経済学不均等発展の法則パンタレオーニ均衡景気循環論ロバートソン井汲 卓一ジェボンズ経済成長論篠原三代平ミッチェル資本係数井汲卓一ハロッドカルドア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

景気循環論の関連情報