コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済循環 けいざいじゅんかんcircular flow of economic system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済循環
けいざいじゅんかん
circular flow of economic system

財やサービス生産され消費へと流れる状態や貨幣が流れる状態を年ごとに国民経済全体の立場から構造的にとらえたもの。この経済循環を理解することが経済学,特にマクロ経済学の中心的課題であった。古くは 18世紀の F.ケネー経済表に始り,A.スミスの毎年の生産物の概念,K.マルクス再生産表式,J.M.ケインズ国民所得理論などがある。また貨幣の循環を扱ったものとしてマネーフロー分析がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいざいじゅんかん【経済循環 economic circulation】

財・サービスの生産に始まり消費に終わる一連の経済活動は,例外的に一個人や一家計の内部で自己完結的に営まれるほかは,社会を構成する各部門で分担され,相互にその成果が交換されることを通して完結するのが通例である。人々は自己の必要量を超えて生産した・サービスを,他の人々の生産した財・サービスと交換することにより,自分の消費生活をより豊かにする機会を獲得しようとする。とりわけ現代社会では,この交換は市場を通じて行われ,財・サービスと貨幣との交換の形態をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経済循環
けいざいじゅんかん

生産、分配、支出などの経済活動全体の流れをいう。いま家計と企業とからなる経済を考えてみよう。家計は労働、資本、土地などの生産要素を企業に提供し、企業から賃金、俸給、利子、配当、地代などの所得を得る。家計はこの所得で企業から消費財を購入し、残りを貯蓄する。企業は家計から購入した生産要素を使用して、消費財や投資財、あるいは中間生産物(企業が使用する原材料)を生産し、消費財を家計に、投資財と中間生産物を他企業に販売する。さらに企業は家計の貯蓄を借り入れて投資を行い、資本を蓄積する。この場合、個々の家計で決定した消費需要は個々の企業が生産する消費財の供給とは一致しない。両者を調整するのが財市場の働きである。同様に、生産要素の需給は生産要素市場で、貯蓄と投資の調整は資産市場でなされる。
 なお、マクロ経済学における経済循環は、経済主体を家計、企業、政府、海外の各部門に分類し、これらの経済主体が行う消費、貯蓄、投資、政府支出、輸出、輸入などの経済活動を分析する。これらの活動は生産(最終生産物の生産額)、分配(賃金、利潤、地代)、支出(消費、投資、政府支出、輸出マイナス輸入)の三つの側面からみることができるが、この三つの側面は同じ経済循環を別の側面からみているにすぎないので、つねに等しくなる。これを「三面等価」という。
 経済循環を表式化した古典的なものにケネーの「経済表」、マルクスの「再生産表式」がある。これをさらに展開させたレオンチェフの「産業連関表」は現在、各国で経済循環の分析に活用されている。[畑中康一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

経済循環の関連キーワードムーア(Henry Ludwell Moore、統計経済学者)レオンチェフ(Wassily Leontief)オイケン(Walter Eucken)経済静学・経済動学スウェーデン学派H.L. ムーア均衡景気循環論M. カレツキ新リカード学派経済学(学問)国民貸借対照表国民経済計算資金循環分析パレート最適カンティヨン経済学説史巨視的分析越村信三郎経済主体農業恐慌

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経済循環の関連情報