坐餠(読み)すわりもち

精選版 日本国語大辞典の解説

すわり‐もち【坐餠】

〘名〙 鏡餠(かがみもち)。そなえ餠。すわり。
※雑俳・辻談義(1703)「けがはへて・しわい隠居のすわり餠」
※諸国風俗問状答(19C前)常陸国水戸領風俗問状答「すはり餠は、其家の人員ほどの田作、かち栗、ゆづり葉、うら白など取揃、紙に包み水引にて結、元三にすはる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android