コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

型付け カタツケ

デジタル大辞泉の解説

かた‐つけ【型付け】

布に型紙を当てて、その模様をあらわし出すこと。また、その職人。
能楽で、演じる型の定め方。また、それを曲ごとに記した書物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたつけ【型付け】

型置き 」に同じ。
能楽における演者の動きの方式、またそれを曲ごとに記した書物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

型付けの関連キーワードレザーペーパー茜屋理右衛門最上忠右衛門ソフトハット潮染め・潮染清水 幸太郎小宮 康助型板・形板堀川新三郎紙クロース清水幸太郎型付け染め江戸小紋松原定吉直接捺染紙クロスクロース仕舞付け型付け染結城紬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android