コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

型友禅 カタユウゼン

2件 の用語解説(型友禅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かた‐ゆうぜん〔‐イウゼン〕【型友禅】

型紙を用い、糊(のり)に染料を混ぜた写し糊で模様を染め出す友禅染明治時代に始められ、以後量産品となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の型友禅の言及

【友禅】より

… 友禅染の発展にとって,明治初年の人造染料の輸入は特に注目されなければならない。これによって型を用いた写し友禅(型友禅)が発明された。すなわち染料を加えた色糊で型を摺(す)る技法で,考案者は友禅染工広瀬治助(屋号の備後屋から備治(びんじ)と通称)である。…

※「型友禅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

型友禅の関連情報