コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

型友禅 カタユウゼン

デジタル大辞泉の解説

かた‐ゆうぜん〔‐イウゼン〕【型友禅】

型紙を用い、糊(のり)に染料を混ぜた写し糊で模様を染め出す友禅染明治時代に始められ、以後量産品となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたゆうぜん【型友禅】

〔「型紙友禅」の略〕
型紙を用い、糊のりに染料を加えた写し糊を使って模様を染め出す友禅染め。明治以後始まり、量産されるようになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の型友禅の言及

【友禅】より

… 友禅染の発展にとって,明治初年の人造染料の輸入は特に注目されなければならない。これによって型を用いた写し友禅(型友禅)が発明された。すなわち染料を加えた色糊で型を摺(す)る技法で,考案者は友禅染工広瀬治助(屋号の備後屋から備治(びんじ)と通称)である。…

※「型友禅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

型友禅の関連キーワード友禅染め・友禅染西村 総左衛門稲垣 稔次郎西村総左衛門型染め・型染型紙捺染描き友禅江戸小紋切紙細工広瀬治助型染め京友禅染色型紙友禅糊染へら捺染

型友禅の関連情報